【バンケツ】鶺鴒台と召喚台について【攻略】

新しいキャラクターを入手するためのガチャシステム「鶺鴒台(せきれいだい)」と主に期間限定で出現する「召喚台(しょうかんだい)」の情報と基本的な使い方をまとめています。

鶺鴒台(基本のガチャ)について

「鶺鴒台システム」は、キャラクター2人の血を混ぜ合い、新しいキャラクターを産みだす、
本作のタイトルの元になっているメインシステムです。

鶺鴒台で、新しい英傑を産みだすには、
「親となるキャラクター2体」と「卸統珠」が必要です。
※鶺鴒台で、親に指定したキャラクターはロストしません。安心して産魂しましょう!

鶺鴒台は、24時間に一回無料で回せる!

鶺鴒台は一日一回「卸統珠」を消費せず無料で使用することができ、それ以外は「卸統珠」を素材にして産魂できます。
(24時間で一回分回復というイメージです)

鶺鴒台は「神代」と「桜代」の2種類

◆神代鶺鴒台
「神代八傑」から二人選び、「桜代」の英傑を生みだすことができる鶺鴒台。
神代鶺鴒台から生まれたキャラクターは「桜代(おうだい)」という世代になり、桜代鶺鴒台で親として使うことができます。

◆桜代鶺鴒台
所持している英傑(キャラクター)の中から「桜代」の英傑を二人選び、新しい英傑を生み出せます。桜代鶺鴒台から生まれたキャラクターは「双代(そうだい)」の世代になります。

生まれた英傑の秘術・刻印・一血相伝奥義について

鶺鴒台で新しい英傑を生み出す際に、親の組み合わせによって変わる「秘術」「刻印」「一血相伝」奥義について解説します。
鶺鴒台で生まれた英傑は、親に選択したキャラクター2名によって、受け継がれる要素や異なります。
必ずこだわらなくてはいけない要素でもありませんが、決まった英傑を狙って傾向に合わせた秘術や刻印をつけたいときは意識する必要があります。
各項目については、それぞれの別の記事にてまとめています。

秘術について

英傑が討伐中に一度だけ、発動できる特殊スキルのようなものです。
親の種族の組み合わせと生まれた英傑の種族によって、覚える秘術は固定されています。

刻印について

英傑は、「刻印」と呼ばれる能力ボーナス効果を発揮するために必要な印を2つ所持しています。
鶺鴒台で産魂された英傑は、親2人がもつ刻印4つのうちから、ランダムで2つ受け継ぐことができます。
刻印についての詳しい使い方は、以下の記事で解説しています。

「一血相伝奥義」について

鶺鴒台で生まれたキャラクターは、低確率で親の持つ奥義を受け継いでいることがあります。
これを「一血相伝奥義」と言い、最大2つがランダムで受け継がれます。親と兵種がかぶっている場合は、兵種の戦闘奥義を受け継ぐことがあります。
主に一血相伝が起こるのは、桜代鶺鴒台から生まれる双代英傑です。

鶺鴒台の使い方・専用アイテムについて

◆鶺鴒台の使い方
①神代か桜代か選びます。
各鶺鴒台ボタンの下部に産魂可能なキャラクター名一覧が表示されるので、産魂前の参考にしてみてくださいね!

②親となるキャラクターを2人選びます。
この時選択した親の持つ奥義や兵種が、生まれてくるキャラクターに影響します。

③真ん中の「一血卍傑」を押せば、産魂開始です!
どんな英傑が生まれるのか楽しみですね!

産魂アイテム「灯明」「霊符」「折鶴」について

鶺鴒代で使用出来るアイテムについて紹介しています!

●灯明:レアな英傑が生まれやすくなるブーストアイテム

  • 金灯明(銀灯明):使用すると15分間、優秀・レアな英傑が生まれやすくなるアイテム。
  • 虹灯明:使用すると20分間、虹英傑(八傑・虹レア・黒レア)が産まれやすくなるアイテム。
  • 特別虹灯明:使用すると20分間、八傑を除く「虹レア・黒レア」が産まれやすくなるアイテム。
  • 黒灯明:使用すると20分間、黒英傑が産まれやすくなるアイテム。
[初回記事作成日:2016/8/3]

▼一血卍傑の初心者向け攻略記事の全まとめはこちら▼